誰もいなくなった公園のブランコは、
微かな風に軋みます。
「さびしいね」

かさこそと舞う落ち葉のささやき・・。
「はい、すこし・・・でも、私がいます。」

寄り添いながら、秋をみつめて・・。
秋にみつめられて・・。
inserted by FC2 system