<角川短歌>                                                  

春日井 健 選   佳作

・言葉からこぼれて落ちる真実を知らなくていい  それはやさしさ


島田 修二  選   佳作


・逢いみてののちのまよいももたずして今にこころと言葉かさねん


松平 盟子 選   佳作

・「自分だけ見つめてごらん」というように雨の匂いのする火曜日は


坂井 修一 選   秀逸

・水音は同じリズムで響きいる「般若心経」遠く流れて


道浦 母都子 選
    佳作

・風そよぎ水面に銀のささやきを感じた朝(あした)もう夏が来る



選んでくださった方に感謝を・・・

角川「短歌」

(下にいくほど新しいものです
 2001年から2003年の掲載作品)
inserted by FC2 system