万葉集より
更新中

春の野にすみれ摘みにと来し我そ野をなつかしみ一夜寝にける

(歌意・春の野にすみれを摘みにとやって来た私は、すみれの花咲
 く野の趣に心魅かれて一夜を明かしてしまった。)


このすみれは、女性に喩えられたという説もあるが、単に自然を
詠んだものという説もある。二説、含みを持たせられるところが、
秀歌たる所以とも思われる。

私的には、女性に喩えられたものであればいいなとは思いつつ、
学術的な所で、後者に納得している。

すみれを摘むのは、食用とも染料とも観賞用とも言われるが、「野
をなつかしみ」という表現からは、生活を離れた安らぎを想起させら
れ、素直な感慨ととれ、文雅の域を感じる。

つまり、すみれの咲く野に魅せられて宿るという点の風雅が、後の
世の文学的基盤となっているのかと、恋の歌にしたいと思う願望
を切り離しつつ、読んだ歌である。

万葉集・巻8・1424

   山部赤人
inserted by FC2 system