ladder of angel 

絶望のカウントダウンをみるようにガリガリに痩せた北極の熊
 

言い訳は温暖化による異常気象こわされていくすべてあてはめ
 

警報が足止めをするもう二度と会えない時間を道連れにして
 

あの頃はなんて眠たい忌みワード平和ボケした八月に降る
 

感性の欠落だろうやり取りが蚊を打つように打ち消されたり
 

ツィッターラインにブログ打ち言葉内に向かえば引きこもれると
 

うつむいて音に変換しないままあふれる言葉閉じた声帯
 

放たれる言葉は(W)(W)(W)文字変換だけ走り出す沈黙の世界
 

落ち込みがスパイラルして苦笑い深紅の薔薇は逆さに吊るす
 

この薔薇がドライに命を延ばすよう変われ自分と暗示をかける
 

風立ちぬいざ生きめやも から繰ればから繰れる心わたしには在る
 

動かなくなった心のパーツにはあいあいオイル一滴垂らす
 

踏み出す ただに傷みを取りたくて相会うべくしてあいし人なる
 

左手の小さなきずの言い訳もまるく見つめる切れ長の目に
 

否定する言葉はひとつも遣わずにないたカラスを笑わせる人
 

感情のレベルコントロール不能 両肩をすべる手の温もりのまま
 

温かな手を添えられて耳澄ます問わず語りはきのうの蹴球
 

期待する応えひとつに励まされ傷みが融けて消化されてく
 

データデータぼくは消えないんだVR技術が与える永遠
 

色の無い言葉散りぬるわが世から図れずにただきみを見送る
 

「意外だ」と失意を語る君の眼の奥に生きてたわれは偶像
 

一切の温み持たせぬセンテンス夕焼けた空すっとんと闇
 

のこされた大きな傘から「じゃあまたね」予定調和の言の葉ひとつ
 

バランスを欠くとき欠けばただ笑う幸福なんてあいまいなもの
 

折り畳み傘一本分のスペースのさみしさがある別れた日から
 

じゃあまたね予定調和のコメントにまたねは作らぬ自由選択
 

美少女になれなかった日の坂道ですべて見てたのは 花 さるすべり
 

かきあげた髪に恰好つけたがるパラダイムシフトの言い訳は風
 

ふりだしにもどれぬ恋をフィーネするたとえのうまさを桑田に真似て
 

駆けおりて来そうな梯子をもつ雲の
       コロケーションは
ladder of angel


 
inserted by FC2 system