<は行>


はいたかの・はしたかの→地名「珠洲」・「外山」「端山」「尾上」「野守の鏡」
 ・「羽に鈴をつける」「鳥屋に飼う」「羽や尾」「鷹狩の故事」から、それぞれ。

はうくずの→「絶えず」「たずぬ」「ゆくえ」「引く」
 ・「葛の蔓は長く這い伸びて、物影にあり尋ねること」から              

はしたての→「倉」「さがし」
 ・「昔の倉にはしごをかけてのぼったこと」「はしごを立てたようにけわしいこと」から。

はながたみ→「めならぶ」
 ・「花かごには編み目がならんでいる」から。

ははそはの・ははそばの→「母」
 ・最初の音から。

はますどり→「足悩あなゆむ」
 ・「水鳥が陸地を歩く様子」から。

はまちどり→「ゆくえもしらぬ」「あと」
 ・「千鳥の飛んでいく様子」「足跡」から。
 *一説には、枕詞とはしないで、鳥の跡で文字や筆跡を意味するとも言われる。

はるがすみ→「かすが」
 ・「春に立つ霞がかすかなこと」から。

はるくさの→「しげき」「いやめずらし」
 ・「春草が茂る」「春草は柔らかく愛らしい」ことから。

はるとりの→「さまよう」「音をなく」
 ・「鳥」の様子から。

はるはなの→「めずらし」「貴し」「盛り」「においさかゆ」「うつろう」
 ・「花」から。

はるやまの→「おぼつかなく」「しない栄え」
 ・「春山の木々の茂り、霞かがる様子」などから。

ひさかたの→「天」「空」「月」「日」「昼」「雨」「雲」「雪」「桂」など。
 ・語義不詳

ひなくもり→「薄氷」
 ・「日の曇り」から。

ひものおの→「心に入る」「いつがる」
 ・「紐の緒は左右の紐を組み入れて結ぶ」「つなぐこと」から。

ふかみるの→「深む」「見る」
 ・「深海松(ふかみる)」の同音から。

ふじなみの→「ただひとめ」「思いまつわり」「立つ」
 ・・「ただひとめ」は不詳。「藤の蔓がからまる」「波の縁語」から。

ふせやたき→「すす」
 ・「伏せ屋で火を焚く」時の様子から。

ふゆくさの
→「離(か)る」
 ・「冬草は枯れることから」同音。

ふゆごもり
→「春」「張る」
 ・「冬ごもりののちの春」に思いいたらせて。

ふるごろも
→「真土山」
 ・「古衣は、打って作りかえをするため、又打ちの音から」

ふるゆきの
→「白」「消(け)」「日(け)」
 ・「降る雪の色」「消えやすい雪」「消の音」から。

ほしづきよ→「倉」「鎌倉」
 ・「星月夜の暗さから、同音」

ほそひれの
→「さぎさかやま」
 ・「細比礼乃(たくひれの)の誤読によりできた語」かかりかたの意味は不詳。

ほととぎす
→「とばた」地名
 ・「飛ぶ」の同音から。










inserted by FC2 system