<か行>


かがみなす→「見る」「美津の浜」「我が思う妹」
 ・「鏡は見るもの」の意。「見るの同音から美」。「大切なもの」の意から各々。

かきつばた→「につらう」「佐紀(ちめい)」「咲沢」
 ・「花の色が美しい・咲く」から。

かぎろいの→「春」「燃ゆ」
 ・「春に立ち、また燃えるということ」から。

かくれぬの→「下に通いて」
 ・「隠れ沼は表面からはわからないけれど、下に水が通っていること」から。

かげろうの→「小野」「岩垣淵」
 ・万葉から使われるが繋がりは不明。「玉蜻蛉」がかげろうのと詠まれたことに関わる。

かしのみの→「ひとつ」「ひとり」
 ・「橿の実は一毬にひとつだけ」から。

かぜのとの→「遠き」
 ・「風の音が遠く聞こえること」から。

かたいとの→「より」「よる」あう」など
 ・「片糸はより合わせるもの」の意から。

かみがきの→「みむろ」「みたらし川」「ゆうつけ鳥」
 ・「神の鎮座する所」の意から。

かみかぜの→「伊勢」
かみかぜや→「伊勢」「五十鈴川」「みもすそ川」「山田の原」
・「神」から。また、「かむかぜの」「かむかぜや」も同じ。

かやりびの→「下」「底」
 ・「蚊遣り火は上にのぼらずに下にこもり燃える」から。

からくにの→「辛く」
 ・同音のくりかえしからかかる。

からにしき→「たつ」「おる」「ぬう」
 ・「唐錦」から。

かりごろも→「ひも」「すそ」「乱る」
 ・「かりぎぬ」の歌語であることから。

かるかやの→「思い乱る」「束」「穂」
 ・「刈り取った萱は乱れやすい」「束ねる」意から。

かるもかく→「猪」(ゐ)
 ・「猪が寝床にするためにかき集めること」から。

かわたけの→「流る」
 ・「川のほとりに生えている竹」をさすから。

きみがさす→「三笠」
 ・「君がさす御傘(みかさ)の音」から。

きみがよに→「あう」および「あう」のつく地名
 ・「聖代に逢う」意から。

きみがよの→「長」
 ・「君が代は長かれと祈る」から。

きみとわれ→「妹背」
 ・「君と我とが睦まじいこと」から。

くさかげの→「あら」「あの」など「あ」のつくもの。
 ・理由不詳

くさづつみ→「やまい」
 ・「くさは、瘡・・・つつみは、病」の意から。

くさまくら→「旅」「たご」
 ・「昔旅寝の時に、草を結んで枕にしたこと」から。また、「旅」の「た」の音から。

くずのねの→「いや遠長に」
 ・「葛の根が長く伸びる」ことから。

くもとりの→「あや」
 ・「雲と鳥の模様のある綾」の意から。

くれたけの→「よ」「ふし」を持つ音節
 ・「竹のよ・竹の節」という音から。

くれないの→「色」「浅」「振り出」「移し」
 ・「色が浅い」意から。「色を出すとき振り出して移す」から。

くろかみの→「乱れ」「解け」「長し」
 ・すべて「髪」から。

ことさえく→「唐(から)」「百済」など。
 ・「さえくは、騒がしく言うという意。外国の人がうるさく話す」という説から。

ことさけを→「おしたれ小野」
 ・「琴は押し、酒は垂れる」からというが不詳。

ことさやぐ→「唐(から)」
 ・「ことさえく」に通じる。

このくれの→「しげき」
 ・「暗くなるくらいに木が茂る」から。

こまにしき→「紐」
 ・「こまの錦」から。

こもだたみ→「重(え)」「へぐり」
 ・「幾重にも重ねてたたむ」から。

こもまくら→「高」「まく」
 ・「まこもを束ねた枕」の縁語から。

こもりえの→「こもりくの」の誤用
こもりくの→「はつ瀬」
 ・「くは、所の意。山に囲まれた外からは見えない所の意で、そこが大和のはつ瀬」から。

こもりずの→「下」
 ・「隠れ」から。

こもりぬの→「した」
 ・「隠れ沼は、下にある」から。

こゆるぎの→「磯」
 ・「大磯一帯」から。

こらがてを→「巻き」「まきむく山」
 ・「妻・恋人の手を枕にする。」「腕を巻く」の意から。

ころもでの→「田上(たなかみ)」「わかる」「かえる」「た」など。
ころもでを→「うちみ」「おり」「たか」「あしけ」
 ・不詳
inserted by FC2 system