<ま行>


まかなもち→「弓削(ゆげ)」
 ・「鉋で弓を削ること」から。                             
ますかがみ
→「見る」「清き」「面」「影」「向かう」
 ・「真澄の鏡」「氷の別称」の意から。

ますらおの
→「たゆい」
 ・「ますらおは、常に手結いしている」から。

まそかがみ
→「清き」「照る」「見る」「ふた」など。
 ・「まは接頭語、そは完全」な鏡から。
 ・「まそみかがみ」とも。

まつかえの
→「栄え」
 ・「松柏は、常緑である」から。

まつがえり
→「しい」
 ・不詳

まつがねの
→「待つ」「絶ゆることなく」
 ・同音から。「松の根」から。

まつちやま
→「待つ」
 ・「奈良と和歌山との県境の吉野川北岸にある山」の音。

まつのはの
→「散り失せず」「いつともわかぬ」「久し」「つれなし」
 ・「松は常緑」から。「紅葉しない」から。

みかもなす
→「ふたり並ぶ」
 ・「鴨はいつも雌雄並んでいる」から。

みこころを
→「吉野」
 ・「み心を寄せるから寄す」から。

みこもかる
→「信濃」
 ・「信濃の国にみこもが多く産する」

みずがきの→「久し」「神」
 ・「神社の周囲に設けた垣」から。

みずくきの
→「岡」「水城」「流れ」「行方も知らぬ」など。
 ・「水茎が若いの若の音違いオカ」「水の縁語」から。

みすずかる
→「信濃」
 ・「みすずの産地」

みずとりの→「浮き寝」「鴨」「青葉」「立つ」
 ・「水鳥の様子」から。

みつみつし
→「久米」
 ・「満つ満つし」らしいが、不詳。

みてぐらを
→「奈良」
 ・「御手座を並ぶ」同音。

みなしがわ
→「絶ゆ」「下」
 ・「みなせがわに同じ・・・水無川」から。
 ・「水が地の下を流れる」から。

みなそそく
→「臣」「しび」
 ・不詳

みなのわた
→「か黒し」
 ・「腸は黒い」から。

みるめなき
→「浦」「磯」
 ・「めは、海草である」ことから。

むばたまの
→「闇」
 ・「ぬばたまの」「うばたまの」と同。

むらきもの
→「心」
 ・「群がる肝・・五臓六腑?」

むらさきの
→「におう」「名高」など。
 ・「植物のムラサキ」から。

むらたまの
→「くる」
 ・「多くの玉がくるくる廻る」から。

もののふの
→「八十(やそ)」など。
 ・「物部(もののふ)」の数が多いことなど。

もみじばの
→「過ぎ」「移り」
 ・「紅葉」から。

ももしきの
→「大宮」
 ・「多くの石で築いた城」から。

ももしのの
→「三野(みの)」
 ・「たくさんの小竹の生えた野」の意から。

ももたらず
→「八十(やそ)五十(い)」転じて「い」「や」
 ・「百に満たない」意から。


inserted by FC2 system