<な行>


なくとりの→「間なく時なし」
 ・「鳥が止むことなく続けて鳴く」から。                        

なぐるさの→「遠ざかる」
 ・「さは、矢。投げる矢は遠くに飛ぶ」から。

なつくさの→「野」「繁し」「深し」「萎(しな)ゆ」「仮」
 ・「夏草の様子」から。「夏草を刈る」音から。

なつくずの→「絶えぬ」
 ・「夏の葛は、どんどん蔓が伸びる」から。

なつごろも→「かとり(地名)」「うすし」「ひとえ」「たつ」「き」「ひも」「すそ」など。
 ・「夏の衣服のかとり」の音から。その他は、夏の衣の縁語から。

なつそびく→「うな」など。
 ・「夏麻を引く畑の畝」から同音。

なつびきの→「いと」
 ・「繭から糸を引き取る」から。

なのりその→「名のる」
 ・同音から。

なまよみの
→「甲斐」
 ・「生吉(なまよみ)の貝」からか?

なみくもの
→「うつくし妻」
 ・「波形の雲のように柔らかくなびく」という意から。

なみのほの→「甚(いた)振らし」
 ・不詳

なゆたけの・なよたけの→「よ」「ふし」
 ・「竹の節・よ」から。

なるかみの→「音」
 ・「鳴る神は、音が高い」から。

なわのりの→「名」
 ・「頭韻のな」の繰りかえしから。

におどりの→「かず」「かずく」「なずさう」など。
 ・不詳

にわたずみ→「流る」「行く」「川」
 ・「雨が降って地上にたまり流れる水」の様子から。

にわつとり→「かけ(鶏)」
 ・「にわとりの古名」であることから。

にわにたつ→「あさ」
 ・「庭に生えるもので、麻」の意から。

ぬえくさの→「女(め)」
 ・「女性のしなやかな様子を萎草にたとえたため」その意から。

ぬえどりの
→「うらなく」「のどよう」「片恋」
 ・「ぬえ鳥の鳴き声が物哀しい」ので。
 ・「ぬえこどり」も同じ枕詞

ぬばたまの→「くろ」「夜」「ゆうべ」「ゆめ」「つき」
 ・「ぬばたまは、ヒオウギの実が黒い」ので、そして、その転から。

ねぬなわの→「長き」「くる」「苦し」「寝」
 ・「ジュンサイの古名で、根が長い」こと。「根を手繰り寄せる」こと。同音から。

inserted by FC2 system