<た行>


たかくらの→「みかさ」
 ・「高座のうえにみかさがつるされること」から。                     

たかしるや→「あめのみかげ」
 ・「空高くお造りになったこと」から。

たかてらす→「日」
 ・「高は、大空の意であること」から。

たかゆくや→「隼」
 ・「空高く飛ぶ」意から。

たぎつせの→「早し」
 ・「流れが早い」ことから。「たきつせの」とも。

たくづのの→「しら」「しろ」
 ・「楮(こうぞ)で作った綱は白いこと」から。

たくなわの→「長」
 ・「縄は長い」から。

たくひれの→「白」「鷺」「かけ」
 ・「たくひれ(栲布)の色が白いこと」から。「人の首にかける」意から。

たくぶすま
→「しら」
 ・「その色が白い」から。

たたなめて
→「い」
 ・「楯を並べて射る」から。

たたみけめ
→「むらじがいそ」地名。
 ・「たたみこも」の上代東国方言。
 
たたみこも
→「へだて」「へ」
 ・「敷物にする薦(こも)は一筋ずつ隔てて編む」から。

たちこもの
→「立ちのさわき」
 ・「飛び立つ鴨が立ち騒ぐ」から。一説には「立ち薦の」とする。

たちそばの
→「実のなけく」
 ・「植えてあるそばのきの実の小さく少ないこと」から。

たちのしり
→「さや」「たま」
 ・「剣の鞘に玉などの飾りをつけている」から。

たちばなを
→「守部のさと」
 ・「昔の人は橘を愛でて盗まれないように守部を置いた」から。

たまがきの
→「うち」「みつ」
 ・「玉垣の内」の意から。「玉垣を瑞垣とも言うので」音から。

たまかぎる
→「日」「夕」「ほのか」「岩垣淵」
 ・「かぎるは、輝くという」意として。

たまかずら
→「はう」「長し」「繰る」「絶えず」「実ならぬ木」「懸く」「かげ」
 ・「玉は、美称で、かずらは、蔓草の類を総称したものである。蔓が長く伸びる」から。
 ・「玉鬘は頭に懸けること」やその転じたものから。

たまかつま
→「あう」「あえ」「しま」
 ・「玉は美称で、目の細かい籠。籠は蓋と身が合うこと」から。

たまきわる
→「いのち」「うち」「世」「うつつ」
 ・「魂極る」から。

たまくしげ
→「明く」「開く」「おおう」「身」「蓋」「奥」
 ・不詳

たまくしろ
→「まく」「手に取り持ち」
 ・「玉釧は、手にまとうこと」から。

たまだすき
→「懸く」「うねび」「雲」
 ・「襷はかけるもの」から。その他不詳。

たまだれの
→「緒」または「お」と同音のものなど
 ・「玉は緒を貫いて装飾とする」から。

たまのおの
→「長し」「短し」「絶ゆ」「継ぐ」「あいだも置かず」「くくり寄す」「惜しきさかり」
         「うつくし心」など。
 ・「玉を通す緒の縁語」から。

たまほこの
→「道」「里」
 ・「足や歩む」意があることから。

たまもかる
→「みぬめ」「おとめ」
 ・「藻の産地」からか?

たまもなす
→「浮かぶ」「寄る」「なびく」
 ・「玉藻が水に浮いたり、なびいたりすること」から。

たまもよし
→「讃岐」
 ・「玉藻は、讃岐が産地」。

たらちしの
→「母」
たらちねの
→「母」
 ・「垂れ乳」から。・・・「たらちしや」もある。

ちちのみの
→「父」
 ・同音から。

ちはやびと
→「宇治」
 ・「武勇の人」から?

ちはやぶる
→「宇治」「神」など。
 ・不詳

つがのきの
→「つぎつぎ」
 ・「ツガは、ときわの木のことで常に栄える」また音から。

つのくにの
→「何は」「泣かず」「来や」「ながらえ」「見つ」など。
 ・「津の国の名所である浪速など」から。

つのさわう
→「岩」
 ・「つのは蔦、さは接頭語、這うなので、蔦が這う」ことから。

つまごもる
→「や」
 ・「夫婦はひとつの屋に住まう」から。

つるぎたち
→「身」「とぐ」
 ・「剣大刀は添え持つこと。磨くこと」から。

とおつかみ
→「大君」
 ・「遠い昔の神」から。

とおつひと
→「まつ」「かり」
 ・「遠方の人を待つ」から。

ときぎぬの
→「乱る」
 ・「衣は、着乱れることがある」から。

ときつかぜ
→「吹く」
 ・「潮時の風が吹く」から。

とぶとりの
→「飛鳥」「はやく」
 ・「天武天皇の明日香の宮を飛鳥浄御原宮ということ」から。また「鳥」から。

ともしびの
→「明石」
 ・「灯火は明るい」から。

とりかよう
→「羽」
 ・「鳥が飛び通うとき羽を使う」から。

inserted by FC2 system