「月」     

・ひとすじの眉のごときは二日月木枯らしの中とどまりている              

・不幸をば呼びこむという三日月の鎌の形は光を放ち            

・地球照「私は今宵も丸です」と言いそえるごと淡く光りぬ              

・日の暮れに現われ出でし半月は何をねらいて上(かみ)の弓張り           

・吹かれゆく雲の間に見ゆ望月の青く見えたる光り哀れに

・ためらいて木々の影より上がりくる十六夜の月入(い)る方いずこ



inserted by FC2 system